放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

私の脳はこれからが本番?

2018年が幕を開けました。

昨年末に買った本、「成熟脳 :黒川伊保子著」に激しく同意というか、ウーンそうだったのかみたいな、感動を覚えました。

 

成熟脳: 脳の本番は56歳から始まる (新潮文庫)

成熟脳: 脳の本番は56歳から始まる (新潮文庫)

 

  つまり、今年が私にとって、ドンピシャの年、つまり"56歳" になるのです。

タイトルからして、興味津々となり、すぐ購入しました。

以前、同じく黒川さんの著書で「夫婦脳」をちらっと立ち読みしたことがありました。

「夫婦脳」より「成熟脳」により興味をそそられたのは、私が今年56才になるということと、最近の私が、特に記憶について、感じていたことへの答えというか、脳科学的に理由があるということが書かれてあったから、です。

私の脳はどうなってしまったの?

放送大学に入学して、ほぼ一年。なので、55歳で入学したんですが、とにかく覚えることが難しかった。まずは、通信教育自体の仕組みや、やり方なと、例えば科目選択や、単位のとり方なども何度も手引き書を読んだり、自分でいろいろ書いてみたりして、なんとかその仕組みを理解しようとするんだけど、調べてもすぐ忘れてしまう。

実際に科目の勉強をする段になって、教科書を読んでも、さっぱりわからない。

本を読むことは大好きだったし、心理学の分野の一般書も読んだこともあったんですが、(このブログにも読んだ本のことは一部書いていますが)教科書に書かれてあることがとても難解に思えました。すんなり頭に入ってこない、というのが正直なところでした。単位認定試験があることも、きちんと記憶を定着させないと試験に合格できないと本当に焦りまくりでした。

脳の機能の変化

本をよんで、私の脳の機能がこの55歳からかわりつつあったこと、そして今年の56歳から、いままでとは違う脳の機能がメインとなることなどを知ることができ、安堵もしたし、それなら、やはりその機能が最大限に発揮されるような脳の使い方を知っておくべきだと納得しました。

前々から、 脳を装置として見立てると、脳は56歳で出力性能最大期を迎えることがわかっていた。無駄なものを捨てていくのが、脳の最大のテーマであることも。

この本の「はじめに」で書かれていることです。

出力性能最大というのは、どういうことか。

本の中では、きっぱりと年齢で区切って、脳の役割を説明しています。

まず、ヒトの脳を装置として見立てたばあい、

人生最初の28年間、脳はいちじるしい入力装置なのである。

ここで、入力装置としてのピークとは、

ヒトの脳を、「新しいことをすらすら覚えられる」

状態。

そして、29歳から56歳までの第二ブロックは、

膨大な数の回路の中から、要らない回路をより分け、必要な回路を知るための28年間

となり、

特に重要なのは、要らない回路を見極める作業

であると、述べられている。

さらに、

その要らない回路を見極めるために不可欠なエクササイズが「失敗」なのである。・・・

つまり、失敗の数だけ、人は、失敗しにくく、判断に迷わなくなる。失敗が心に痛いほど、脳への学習効果は大きい。失敗は、脳をよくするために、人生でもっとも有効な入力なのである。

ここで、50代からの記憶の方法として、本ではあたらしい語学の学習は、繰り返すことが肝要だと述べられています。おもしろいのは、

このとき、本人の脳は「繰り返し」だと思っていない。これが50代のすばらしいところだ。ほぼほぼ新しい経験に思えるので、同じ「知」に何度も楽しく出逢えるのである。とはいえ、かすかに経験が重なっていくので、いつかは定着する。・・・

50まではできなかったことを手にするのである。いまさら急ぐこともない。しかも、人生は、まだ半分残っている。時間はたっぷりある。

 

ここの部分は、私自身が勉強していて、こんなことやったっけ!?と、何回でも思ったことで、少し前に読んだことが、初見のような感覚に襲われていたからです。そのたびにショックを受けるというより、なにか、そのたび、新しく知ったこととして、なるほどーっと、感動しているんです。そんなことを繰り返すうち、脳の中に定着していくという経験をしているからです。端からみると、ものすごく効率が悪くなっている状態かと思いますが、ここでかつての子育て時期や、仕事をいくつも掛け持ちしていたころに比べ、格段に時間がある、ということが効いてきます。食事を作ったり、家事をする時間を最大限に減らすことが可能となり、時間は自分のことに使い放題。もちろん、それは、そのようにもう、自分のことに時間を目一杯使おうという仕組みを作っておくことが必要ですが。

50代の脳

50代の脳とは、

脳が十分に、「失敗しにくく、成功しやすい」状態になってくる。

・・・・

そして、あらゆる成功に使われる、共通の回路。最高水準の優先順位を誇るそれこそが、成功の秘訣、「本質」の回路である。56歳近くなると、その回路が目立ち始める。

・・・

30代の惑い(失敗事例の蓄積)と、40代のいらだち(成功事例が増えてくるものの、周りの理解が足りない)を乗り越え、脳は50代に本質を知る。

ただ、人生の達人といっても、脳は、世間でいう「いい人、気高い人」のありようなど知ったことではない、と。繰り返しの達人になるわけだから、「ネガティブの達人」「卑屈の達人」「何もしない達人」のような装置を作り上げてしまうと、その装置の本質はもう変わらないことになってしまう。

なので、「56歳を過ぎた困った人には、できるだけ関わらないことだ。・・・つまり相手にせず、気にしないことだ。」と書かれています。

今の私が知るべきことと、学び方

今年56歳になる私の学び方はどうすることがいいのか。

今回55歳の年から放送大学に入学し、また私生活でも、母の認知症に向き合うことになった、ということが、偶然とはいえ、大きな転換期となったことは確かですし、その時期と、私の脳が、この本による「成熟脳」の始まりであったことを知ることができたことは、大変な収穫です。

自分の脳という装置を客観視し、その特性にあった学びがあることを知ることで、どうせわすれるんだから、記憶する学びはもうできない、とへんに悲観的になることもないし、あきらめることはない、ということですね。

繰り返すことを苦としないこと、時間をかけることに罪悪感をもたず、楽しんで、何度もテキストを読み返すこと、理解を深めるために、書き出してみたり、あきらめないこと。

また、人との相互作用が脳への大きな刺激となることも書かれてあったことから、ただ単に本や放送授業だけでなく、多くの人たちと会うこと、柔軟な気持ちで話をすることなど、幅広い学びを続けることかもしれません。

本では、さらに、60代以降の脳について、そして寿命がつきるまでの長い旅の終焉と、また、ちょっとそのあと(つまり脳の機能が終わったあとの、今度は次の段階にも言及されています。ここはちょっとファンタジーぽくって楽しい。

今年後半には、卒業研究という、おおきな課題が待っている私にとって、なにより、時間を味方につけて、忘れることをそんなに気にせず、忘れたら繰り返すこと。そして、出力すること(学習したことを、どんどん、書き記す。話すことなどなど)をすることで形づくることを目標としていきましょう!!

 

 

認定心理士の説明会にいってきました。

今回は、岐阜学習センターで行われた、認定心理士の説明会にいってきました。

認定心理士という資格は、放送大学に入学する前にホームページでちらっとみた程度であまり興味はなかったんですが、入学してから、資格取得に必要な科目を科目選択の目安としています。

けれど、具体的に認定心理士がどういうもので、現状はどのようになっているのかはほとんど知らない状態でした。

今回の説明会も、主にこの資格を取得するための科目や申請方法が主になるのかな、と思っていましたが、予想は良い意味で外れました。講師の宮本先生のお話はとてもわかりやすく、そもそも、心理に関わる仕事ってどんなもので、現状はどんなっていて、などなど、心理職全般についての説明や、先生からみた、現状などを事細かに語ってくださいました。

まず、認定心理士の話の前に、まずは、今すでに国家資格となる「公認心理師」について、国会で議論された様子などをビデオでみました。先生は、議員の方々の話の途中で、ビデオをみながら、解説してくださいました。

そして、ここで、現在の日本で心理職というものの必要性が高まっていることについての理由が述べられ、心理職にも国家資格を与えるものを創設することが認められた経緯を見ることができました。

私たちがよく知っている心理職は、「臨床心理士」と呼ばれるものです。しかし、この資格は国家資格ではなく、日本臨床心理士資格認定協会が認定するものです。ちなみに、今回の説明会で話の主旨である、「認定心理士」は日本心理学会が認定している心理資格となります。

現在、これらの資格のほかにも、多くの心理系の資格が乱立している状態です。しかしそれらは、国家資格ではありません。

国家資格を創設するにあたり、議会ではその理由として、年間約3万人の自殺者があり、また自然災害の多い日本において、多くの人たちへの心のケアに携わる専門職に国からの資格を与えることで、より充実したケアを行えるようにする、という主旨を述べています。

国は、国家資格として「公認心理師」という資格を創設しました。現在、この資格のためにカリキュラム改変が多くの大学で進んでいるようです。(2018年度に最初の試験があるそうです)また、現在臨床心理士などの資格をもつ方々への資格取得のための方法(講習をうけるとか試験をするとか・・・)があるようですが、今回は参考程度ということで、簡単なお話でした。今回の説明会のメインは、「認定心理士」なので。

ちなみに、「臨床心理」「認定心理」と「公認心理」、師と士の違いはなにか、という点において、先生は、とくにこれでどっちがすぐれているか、とか、国家資格なんだから公認心理師に、他の2つの資格が含まれる、というわけではなく、どれも共存できるものとして、大きな区別はない、とおっしゃっていました(資格を与えるところがちがうということですね)。

 

現実には、カウンセラーと名乗る方々はたくさんいて、結局はクライアントが選択するときの目安にしたりするくらいであり、あとは、専門的な知識、学問の裏付けがどこまであるか、ということになるようです。

先生もおっしゃっていましたが、心理職というのは、自分で相談所を立ち上げない場合、働く場所、たとえばスクールカウンセラーとか、医療機関や、警察、自衛隊など、最近は企業でも利用されてはいますが、まだまだその数は少なく、ニーズはあるようにみえますが、現実に仕事としては生計を立てるのには困難な状況だそうです。大学院をでても、フルタイムの仕事がなく、あちこちを掛け持ちして仕事をすることも多いそうです。

ここまで、「認定心理士」をふくめ、心理職全般について、特に新しい動きをわかりやすく説明してくださいました。

この説明では、先生自身の考えや、立場からいえることなど、本当に細かくお話していただき、この業界(と、言っていいのか・・・)の複雑さ、潜在的に需要がありそうですが、まだ受け入れられるような状態にはいたったいない、ということもお話されました。

これは、私自身の考えですが、そもそも自分がなにか悩みをかかえたとき、だれかに相談することってよくありますが、それをお金を支払って、専門家に相談するという仕組みや、考え方がまだまだ浸透していないのではないかな、と(私は日本のことしかわからないので、日本ではそうなんじゃないかなと)思ってます。

いったい、自分の悩みがどんな種類のものなのか、それによって相談窓口がちがうとなると、それを探すこともなかなか面倒です。

さて、認定心理士について、です。

正式名称は、公益社団法人 日本心理学会認定心理士 です。

これは

この人物は心理学に関する標準的な基礎知識と基礎技術とを正規の課程において習得していることを、日本心理学会が認定するもの

と、しています。(今回の説明会の印刷物より引用)

認定心理士の資格取得にあたって、説明会では、上記に述べたことと、さらに以下の主旨のお話がありました。

  • 日本心理学会認定心理士資格認定委員会における審査基準
  • 審査件数と資格取得者数
  • 認定心理士に関する注意事項
  • 認定制度制定の背景(これは上述と重複します)
  • 認定心理士資格が取得可能な学科
  • 認定心理士資格を目指してほしい理由
  • 仕事に限らず、あらゆる場面における心理学的な視点の必要性
  • 放送大学における認定心理士
  • 認定心理士資格に関する科目(このあたりが、実際に手続き上重要になってきます)
  • 基礎科目
  • 選択科目
  • その他の科目
  • 基本主題と副次主題
  • 放送大学における対応科目
  • 資格取得までの流れ
  • 新基準について
  • 各領域についての説明
  • 実験、実習科目には新たな書類の提出が必要

などなど、多岐にわたりました。

たとえば、放送大学のホームページでもみることができますが、ここまで詳しく、また文章を読むよりも、口頭での説明というのが本当にわかりやすかったです。

意外だったのは、

認定心理士資格が取得可能な学科、として、たとえば心理が含まれない学科でも、たとえば ○○大学 こども保健学科、とか、○○大学、社会福祉学社会福祉専攻・・・、などなど。ここでも大学で学んだ心理学について、”標準的基礎学力と技能を習得していることを証明”するのが、この資格ということになります。

また、この資格には、実験や実習という科目が必須となりますが、これは大人数の中ではむずかしいものです。(教える方もたいへん、ということです)

放送大学では、この面接授業が地域にばらつきはあるものの、結構準備されています。

私自身が今回、心理学実験2と実習をうけ、(この実習も、新基準から単位2をもらえるもので、早くとっておいてよかったです:心理検査法基礎実習)レポートを四苦八苦しながら書いたんですが、やって本当にいろいろとわかることが多々あります。 これは心理検査の検査者と被検査者の両方を体験でき、それらについての細かいレポートをかきます。

以上がだいたい、聞いてきて参考になったことです。

しかし、日本ではまだまだ心理職の活躍する場が少ないように思いますね。

カウンセリングといっても、上述したように、さまざまあります。

人の役に立ちたい、あるいは自分がかつて悩んだときに、相談にのってもらってとても助かった、など、いろいろあるかと思います。

認定心理士の資格も、私自身は、とにかく心理学を学ぶための最低限の科目を選択するための指針としていることが正直なところです。心理学自体が面白くなってしまったので、この資格を取得したからカウンセリングをするかどうかは、わかりません。

でも、なにかのきっかけで、このような知識を身につけたことが役に立つかもしれません。

来年の1月早々に心理学実験面接授業があります。この授業の単位が取れれば、なんとかc領域はクリアします。

また、統計検定・・・ですが、がんばります。

 

 

 

 

 

同世代の悩み

ここのところ、私と同じような年頃の方たちとお話する機会がいろいろありました。

私は1962年生まれで、その前後の年頃の方たちということになります。

今年に入って、短大時代の友人とも話をすると、まさに、話題は、家族のこと、親の介護、そして自分の健康です。

子どもがいる方たちは、子どもが成人になっている状態から、まだ受験で頑張っているという家庭、親の様子が心配(まだ、介護認定などうけていないが、どうも最近様子がいままでと違っているな、と感じているけど、まだ大丈夫と言い聞かせている)、夫との関係(私と話をした方たちはすべて女性)などなど。

それぞれの方たちとは、みな初めて会ったばかりなのに、ごく短時間に結構重い話題になることがあり、それも、まったく知らない同士だからこそ、言えるということもあるのかな、とも思いました。

心理学という分野は、人間を研究するようなところがあると思うので、そういうことを勉強すること、興味があるということは、きっかけとして、このような家族の問題を自分が抱えたとき、それを客観的にみてみたいという、ある意味冷静で、健康的な方向に向いていると思います。もちろん、会った人のなかには心理学とか、関係なく話すことになった方もみえます。

また、世代はちがうけど、やはり、とてもつらい過去をかかえ、それでも前向きに取り組んでいる女性(妊婦さんで、単位認定試験当日が、なんと出産日という・・・)もいました。話をしていても、とてもあっけらかんとして、明るく、とてもつらい過去をかかえているようにはみえなかったけど、ここは私が、人をみるときに自動的に感じてしまった、ステレオタイプにはまってしまった、と後で反省しました。

50歳代は、あまり目立たないけど、激動の世代だと思います。私たちの親は、もちろんそれらを乗り越えてきたんだと思うけど、いま、私がそのことを母に話したくても、もうかないません。けれど、母が生きていることが、私にとって、たとえ過去の記憶をなくしたとしても、私自身の存在を証明してくれるようなもののような気がします。

同世代のみんなに、本当にエールを送りたいような気持ちになりました。

 

面接授業無事終了

昨日で、2週連続の面接授業終了。

まずは、交通機関や、体調などで、欠席にならず、どの授業もすべて無事出席となりました。これが大切で、自分の所属する学習センター以外の学習センターに行くときは、とても戸惑うものです。交通機関が、乗り換えがあったり、または、バスあるいは電車の本数が少ないと、遅刻しちゃったり、帰りが遅くなったり。

今回も、私は名鉄で大丈夫だったのですが、JRで、1日目の朝、人身事故があり、遅れた方がありました。事故がわかった時点(駅に掲示されているとか、実際電車が止まっている状態に遭遇した場合)で、学習センターに連絡されていたそうなので、これは不可抗力で、なんとか遅れても受講することができたようです。

今回も、遠方の学習センター所属の方々がきてみえました。なので、ホテルやゲストハウスなどに宿泊して参加されてました。そのへんのお話も聞くことができ、みなさん、本当に苦労していらっしゃっているんだなーと、感心し、興味ぶかかったです。

こんなふうに、遠方からみえる方々もそうですが、面接授業は、まずはすべて出席することが大切です。

遠方からみえた方たちは、本当に不安を抱えて(無事乗り換えができるのか、一体どれくらい学習センターまで時間がかかるのか、などなど)参加されています。まずこの時点で、たいへんな精神的な労力を必要とします。ただ、他の学習センターに所属する人たちとの交流があると、これはほんとうに貴重な体験となります。他の学習センターの人たちがとても授業に熱心に参加されていることに触発されるようです。もちろん、逆もあるようですが、まずは、同じ日本で、放送大学という一つの所属にいても、本当に多様な学び、環境があるもんだと実感しました。(私も所属のちがう学習センターに今回参加しましたので)

このような中で、学習センターによって、授業の取り組み方の違いとか、あるいは、ほかの放送大学の生徒同士のコミュニケーションがほとんどない、ということで、一人でもんもんと悩んで勉強する方も結構いるんだ、ということが感じられました。

 

心理を学ぶということは、座学でももちろんですが、実際に人間に興味があることを動機としている方も多いのではないのかな、と思うと、面接授業は大切な交流の機会であるけれど、なかなか、授業を通して、コミュニケーションをつづけることはむずかしいです。

でも、今回は、結構ラインのアドレス(ID)交換をしている方もちらほら、みかけて、私自身も、前回の面接授業でお話するようになった方と、今回も一緒になり、とても話が弾んで、ラインを交換し、もうひとり、授業中で実習のペアとなった方と、交換しました。みんな、とても話したい、心理について、人のこころについて、興味があるんです!という方々です。さまざまなバックグラウンドを抱えながら、でも、学びたいことに共通点があることで、こんなに話が弾むものかと、驚くほどです。

 

実習のたいへんさ、手続などかなかなか、覚えられず、本当にたいへんでしたが、今回の面接授業は、先週もふくめ、得ることはとても大きかったです。とくに、レポート作成を自分で行うこと、その提出も期限がとても短いことなど、集中して行うということも大切な学びであると思います。きめられたことを守る(書式、内容、期限など)ことはもちろんで、それを踏まえた上で、いまの私の実力の限りを尽くして、提出したいです。

 

しかし、放送大学をふくめ、さまざまな学びの形のなかで、とくに通信教育は、情報をいかに得るか、また、生徒同士の交流をもっと活発にして、学ぶことのつらさや、楽しさを共有する場を獲得することの必要性があるなあ、と思いました。

インターネットを介した学習は、たとえば、チャット機能や、掲示板などを活用することもできるわけで、いま、放送大学でも、インターネットでの授業も導入されています。インタラクティブな学びというのが、このような通信の教育には大きな課題でしょうね。この課題が克服されると、人が学ぶ環境がぐっとよくなり、まさに学校にいけない人や、(そもそも、学校という制度も変わってくるかもしれない、これは教育心理学概論で、学んでいて、考えさせられることです)その他学ぶことの困難が伴うひとびとにも、学ぶ機会が増えることになるんじゃないかなあ。

 

とにかく、レポート頑張って仕上げたいです。そして、履修した放送授業の科目も勉強しなくては。

 

 

大学の図書館はいいな

図書館が大好きなんですが、主に県図書館のみに通っていました。

が、このレポートのことで、参考文献が学習センターがある、大学の図書館にその図書があったので、いってきました。

といっても、ここ何回か、本を借りに行っているんですが、あらためて、いい環境だなあと実感。

県図書館みたいに、誰でも入れるというわけではなく、館内利用の申し込みをして、その利用者カードを首からぶらさげるケースにいれて、携帯する必要があります。

そして、利用はウィークデイのみで、日曜日は休みで、土曜日は午前中まで。そりゃあ、そうですよね、学生の利用が中心ですから。私は仕事の休みに使えるので有り難いです。

利用者手続きは案外メンドクサイんですが、卒業研究やろう、と思ったときにすぐに、申し込みました。ここと、もう一つ別の大学の利用者カードもつくりました。

で、大学の図書館、別に蔵書がそんなに多そうにはみえないんですが、やはり、分野ごとの、基礎的な書籍が揃っているんだなと。

いまさらながら、図書館というのは、自分がなにをしたいのかによってちがうところを利用しないといけないなと。

 

この大学の図書館は大きな図書館と、こじんまりとした図書館と二つあります。大きな方は、広々として、全体がわっと眺めることができる。こじんまりとしたほうは、日差しがたっぷりあって、明るいです。

ここまでくるのに、ちょっと交通費がかかるんですが、いっそのこと、定期でも作って仕事の休みのときは通うことも考えてしまうほど、魅力的です。

もちろん、県図書館もその途中なので、ここにも通えるし。

まずは、今回のレポート、今日は全体を見直し、チェックして、整えたいです。

自分の気に入った学習環境を見つけることは、本当に大切だし、そういう環境が身近にあることに感謝です。

なんとか、形になってきました。  レポート作成

3つのレポート作成。

それぞれの結果のグラフと表を作って、載せる作業はほぼ終わりました。

もちろん、ざっくりと、したもので、考察はこれからです。

エクセルの使い方が、本当に心もとないものであったけれど、この授業ではとにかく自分でなんでもやってね、というやり方は、(もっとも、レポートマニュアルはあるので、目的とか、実験の手続きとかはそのまま写します)私にとっては、とてもよかったと思ってます。

来年の卒業研究をやろうとするからには、レポートを書くこと、そして実験の結果を、生データをもとに、自分で表をつくり、グラフをつくり、それを基に、ちゃんと考察すること。たとえば、似た様な実験のレポートなどは、ネットなどにもありますが、実験結果は、同じものはないはずですね。

こういうものを書いたことがなかった(作成したことがなかった)私にとって、科学の、事実に基づいた考察というのは、ある意味、とても興味深いものなんだと、ちょっと感動しました。

 

こんな余裕かましている暇はない。とにかく仕上げる。

今日は参考になっている本を図書館で検索したので、一部をコピーしてきます。

 

 

 

疲れました。

どこの、なんの、とはいいませんが、面接授業疲れました。

プリントをもらって、データとって、エクセルに記入して・・・。

そして、レポートを3つ、今月末までに提出。

おそろしく、むずかしいものです。が、やるしかないので、がんばってレポート仕上げます。

内容などは、もっと詳しいことをとりあえずネットであたりをつけ、参考文献をあたっていくつもりです。

 

帰りに、一緒になった生徒さんと、文句たらたら。しかたないので、集中して、とにかく形を整えます。

あーつかれた。