読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

今日は母とのデートでしたね

母とのこと

朝9時に実家へ。

民生委員さんと、母との顔合わせと、手続きの立ち会い。

私と弟、そしてケアマネさんと立ち会って、なごやかにお話できました。

民生委員さんのお仕事や、そのしくみについては、地域ごとに異なるようです。ただ、声かけや、気にしてもらえる程度でよいかな、と思っていたんですが、結構いろいろな書類に記入して、その個人情報をこういうところで使用していいか、などの説明があったり、ちょっとびっくりしました。

基本的に独居の高齢者に関しては、市などからの情報が民生委員さんの元に知らせられるらしいのですが、家族と住んでいる高齢者に関しては、わからないようですね。

民生委員さんは、ほぼボランティアでやっていただいているようなので、3年に一度継続するかどうかの手続きがあり、その後も継続されても3年で、6年が最長のようです。

ただ、次の方が決まらなかったり、人手がなければ、例外もあるようですね。

うちの実家のご近所も高齢化が進んでいたり、お互いの交流が以前ほどなくなっているので、母の見守りとして、外部の方々の力をお借りすること、そのための情報公開は必要だと思った次第です。

その面談のあと、母と、その兄弟である私からすると、おじさん、おばさんたちと、母の父(私の祖父です)の墓参りに。

 

そして、その後には夕方に、母と私で、私の家の近くの温泉施設にいって、一緒にお風呂。母は、この冬ほぼ、風呂に入っていなかったようなので、共にお風呂で体と髪を洗ってあげ、さっぱり。

お風呂から、私のうちに連れて行き、簡単に夕食を作って共に食べてから、母を実家に送っていきました。

今日はいろんなことがあって、疲れましたが、それは体が心地よく疲れたという状態で、気持ちは、多くの人たちの感謝でいっぱいの一日でした。