読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

やっと教科書が届きました

f:id:april-0429:20160829153518j:plain

先月の末に、印刷教材が届きました。

私が申し込んだ科目、教育学入門、心理と教育を学ぶために、心理学概論、そして発達科学の先人たち、に沿った教科書と、放送大学番組表、学生生活のしおり、です。

ずっしりとした重さに、いよいよ始まるんだという実感というか、いままで、手続きのことばかりで頭がいっぱいでしたが、やっと落ち着いて学べる、という喜びがふつふつと沸いてきました。

と、よろこんでばかりもいられません。あらためて、自分の申し込んだ科目を確認。

(これは、入学許可書に記載された科目を確認。あわてものの私のことなので、これからもこのような確認は必要です)

こういうところで、確認作業は欠かせませんね。

これらとともに、通信指導問題というものが同梱されています。

これ、オープンキャンパスのときにかなり、しつこく説明されたものです。

この通信指導答案というのは、ちょうど中間試験のようなものらしく、期限が厳しく決められています。

その期間に提出し、それに合格しないと、学期末の単位認定試験を受けることができないという・・・・恐ろしいことになるそうです。

提出は、同梱されたものを返送する(郵送)のか、ネットからでも提出できるようです。

こういうことって、ひとつひとつやっちゃえば、なんてことないんだろうけど、実際にやってみるまでが、なかなか緊張します。

ともかく、通信で学ぶということは、ひとつひとつが自分で確認、そしてわからないことはホームページや、どうしてもわからなければ、所属する学習センターに電話して訊くことですね。