読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

印刷教材をよんでみる

先月到着した印刷教材。

せっかく一カ月も早く到着したんだから、よんでみようと思い、朝の電車の中や、布団の中で開いてみる。

多分、とっても難解で、放送と一緒に読まないとさっばりわからないのでは、と思いきや、それが

とっても、面白い

んです。教科書なんだから、そんな面白い、なんて、と自分でも意外なんですが、とりあえずよんでみたのが、心理と教育を学ぶために、と、心理学概論。

つまり、本当にこれから心理学を学ぶ人向けのものなので、多分、とっても分かりやすくなっているんだろうなと思います。

一応、このコースを選択する上で、自分の頭の中でなにを勉強していきたいかを、想像しながら、科目を選んだりしたわけですが、あまりにも広すぎて、わからないことばかり。

独学といって、自分で、自分の興味ある分野を、自分なりに本を選んだりしながら勉強することもできますが、やはり、系統立てて勉強するには、なんらかの指針が必要だなあ、とあらためて思いました。

これは、やってみないとわからないことですね。

私がかつて学んだ短大では、論文を書くこともなく、ただ学期末のテストがあって、まるで高校の延長みたいだった、と記憶しています。(専門分野も違いました)

興味あること、調べてみたいことを、なんらかの方法でもって、調査し、それをまとめるという作業は、行ったことはほとんどありません。

まだ、心理学という入り口のほんの手前で、ちょっと戸惑いながらも、前にすすめるかな、と期待半分、不安半分のいまの私です。