放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

入学者の集い、開催の案内がやっときました。

今月の25日には、入学者の集い、というのがあるんだと、放送大学のホームページから知っていたんですが、問い合わせてみようと思って、すっかり忘れていたころに、

平成28年度第2学期入学者の集い の開催について(ご案内)

が届きました。

 

同封されていたものは、まず、ご案内、と称した通知書。

学習センターの利用の手引き

学び方ガイダンス、そして

学習センター機関紙、しりあい、

の以上です。

 

学習センターの手引きおよび学習センター機関紙は、各地の学習センターによって中身が多少異なってくるでしょうね

私の学習センターは愛知なので、中京大学内にあります。ここの施設以外にも、大学の食堂や、生協、図書館も利用できるようなので、いまから楽しみ。ちなみに図書館は、名大付属図書館も利用できます。

学び方ガイダンスは、学習スケジュールが分かりやすく載せられています。

面接授業なども、その申し込みや、申し込み方法、日時などが詳しく書かれています。

大学に申し込む前は、本当にわからないことばかりで、その時点で、面倒になることがあると思いますが、少しでも、前にすすんで、入学すれば、ちゃんとサポート体制もできているし、単位取得や、科目登録など、とにかく、すこしでも興味を持ったときに、やってみることで、開けてくるものがあるなあ、としばし、感慨にふけって。

 

でも、残念なことが一つ。

ゼミに参加したいなーと思って、日程をみると、すべて平日でした。

火曜日に行きたいゼミがあったんですが、この日は、お母さんをデイに送っていかないといけないので、朝10時スタートなんで、ちょっと難しいかな。

でもね、焦ってはいけません。

やっといま、入学できて、すこしずつ様子がみえ始めたころなので、まずは、しっかり授業をうけ、教科書を読み、参考文献もよみつつ、自分が心理学の中でも、どんな分野を掘り下げて勉強したいのかを、考えよう、と思いました。

私の悪い癖として、なにかをやり始めると、あれもこれもと、その興味の赴くまま、どんどん、広がってしまうところです。

収拾がつかなくなってしまうんです。

なので、

いずれは、論文なんかもかけるといいな、と思っているので、自分が探りたいテーマを見つけること。

そんなことを考えながら、それぞれの冊子をめくり、これから学ぶこと、そして未知の本や、人たち(学友)へ、思いを馳せました。