読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

学内システムについて

放送大学

いよいよ、授業が始まり、放送を視聴しつつ、まだまだ準備不足だと感じることが多々あります。

私は、行動が先走って、あとから細かいことを決めていくという、無鉄砲なやり方でいろんなことをやってきたわけで、ここにきてきちんと自分の目標や、履修する科目について、具体的には、何年で卒業して、そこからどうしたいのか、をある程度決める必要がある、と気がつきました。

教科書とともに、送っていただいた、学生生活のしおりをあらためてしっかり読み、ここにいろいろ書いてあるんじゃないかと、目からうろこです。

つまり、実際に学習をすすめると、さまざまな課題が頭に浮かぶんですね。

入学する前から、こんなことは全く予想できなかったわけで、問題意識は行動することによって顕著化するわけです。(つまりは、焦ってきたということ)

まずは、学内システムを理解すること。

学生になると、(登録されると)放送大学の認証システムから、ログインして、その中で役割の異なる、三つのシステムを利用することができます。

  • キャンパスネットワークホームページ
  • システムWAKABA(教務情報システム)
  • 学生Gメール

このなかで、キャンパスネットワークはすぐでてくるんだけど、システムWAKABAは気がつかなかった。(下のほうに、でてます)

システムWAKABAでは、学生のカルテや科目登録、成績のことや、さまざまな変更異動手続きをチェックできます。

 

いまは、10月半ばで、11月半ばには通信指導提出があります。そして年明けには単位認定試験、そしてつぎの科目申請があります。

まずは、さまざまなオンライン上のシステムに慣れることと、手続き関係でもれがないように、目配りしていかなくちゃ。

面接授業は、今回申請していなくて (この申請についてもわかりにくくて、パスしていました) ついこの間、空席状況が発表されました。

とりあえず、興味がある授業を、空席申し込みしてくるつもりです。

愛知学習センターでは、決められた時間に行って、申し込むようですが、抽選なので、当たるかどうかわかりません。

まずは、経験ということで、出勤を少し遅らせて、申し込みに行ってきます。(今週の金曜日)