読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

卒業研究・修士論文発表会に行ってきました。

今日の13時より開催された発表会。

前半は卒業研究の発表、そして後半は修士論文の発表でした。

結構の長丁場ではありましたが、参加できて本当によかったー、というのがまず率直な感想です。

どのかたの研究もとても興味深くて、本当に聞き入ってしまってました。

 

私にとっての卒業研究とは

私自身はぜひ卒業研究と、そしてできれば修士論文もやってみたいと思っているんですが、なにせ、その問題を絞りきれていない。

心理学に関する課題とは、もうありとあらゆるところに関わっているからこそ、自分では日々いろんなことを考えているし、日々起こっている事件やさまざまな出来事からはたえず、インスパイヤされるわけですが、それらは、泡沫のように、ふわふわしているもの。

たとえば、あらかじめ課題を抱えていて、それを解決するべく放送大学の門を叩いて、心理学という分野に自分の課題を解決するための方法や、得られる解答を求めるということであれば、もっと簡単(でもないかも)かもしれませんが、私としては、解決する方法を学びたいというか、その問題自体は、ありとあらゆることで、むしろ、ランダムな”お題”的なものを与えられ、それを解決するためにはどうするか、という方法論を学びたいということかなあ。

だいたい、心理学という分野に少し足を踏み入れただけで、いままでの心理学に対する勝手なイメージは、がらがらと崩れていったわけで、そこから、クリティカルシンキングに関する本を読んで、ますます、自分の考えの甘さというか、心理学に限らず、いろんなことについてのものの考え方を見直すことになりました。

 

心理学という分野の広さゆえに、題材はなんでもありそうで、じつは大変絞りにくく、難しいなあという思いがあります。

でも、今日の卒業研究、修士論文の発表を聴きながら、いろんなことを考えることができ、ヒントもたくさんありました。

これらを踏まえ、一人ブレストをしつつ、問題をいろいろ書き出してみようっと。

 

 

 

参考になった本

 

心理学をまじめに考える方法  真実を見抜く批判的思考

キース・E・スタノヴィッチ著

金坂弥起 監訳

*この本自体は、すでに版を重ねているそうですが、初心者の私にとっても取り上げられているトピックや、題材が興味深くここで、クリティカルシンキング(批判的思考)がじつは心理学に大変重要になってくるということを学びました。

 

現在読んでいる本

心理学を学ぶまえに読む本   羽生和紀著   サイエンス社

*ここには、まず、心理学を学ぶための大切なこと、専門科目に入る前にぜひおぼえておくべきことなど(手にいれること、理解すること、考えること、表現すること、そして伝えること)が、述べられています。

ここから、読んでおきたい本がいくつかありました。

 

このなかで紹介されていた本で現在読んでいるもの。

 

クリティカルシンキング 入門編 (実践編もある)

あなたの思考をガイドする40の原則

E.B.ゼックミスタ

J.E.ジョンソン   著