放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

単位認定試験が終了

今回は2回目の単位認定試験ということで、どんなふうに行なわれるのかが分かっているぶん、無駄な緊張感はなかったけど、今回はとにかく暗記中心でした。

まず、心理研究法と日本語アカデミックライティングは教科書やノートが持ち込みできたので、(といっても、勉強はしました)ちょっと安心感はあったかな。

山は、統計法と認知心理学

これは持ち込みはできず、しかも、心理統計法は今期開講したもので、過去問がない。

内容がほとんど、しっかり理解できていない。

もっとも、講師の豊田先生は、第15回目の授業の最後で、

単位認定試験には演習問題と放送授業で行なった結さん*との会話の内容しかでませんよー。

*結さん  ほぼ毎回、講義の最後に、先生との会話に登場する生徒さん。とても優秀です。会話の内容は高度すぎて、ちょっと理解しがたいものがありましたが、憎めないかわいらしい女性です。

 

と。とてもうれしそうにおっしゃってくださいましたが、

が、その演習問題の数の多さと、その結さんとの会話の内容も、私には本当によくわからない。

なんとなく、過去の心理統計とはことなる手法を行なわなければならない、というような内容だったけど、過去のことすらわからないので、(もっとも、卒業研究をするために、過去の文献を読んでいると統計に関してはいろいろある、ということはわかりましたが)

 

他の参考書も買って読んでいましたが、まさに、基礎編なので、受講した心理統計法の教科書をしっかり理解して、暗記する、とまではいかず。

とにかく、丸暗記を実行しました。時間がないので、ひたすら、演習問題と答えを暗記。

で、心の中では、まあ、そうはいっても、このなかからわりと分かりやすそうなのがでるのかなとか、甘いことをちらっと考えてはいましたが。(しかも、演習問題の答えは明記されず、教科書の中から探すもので、それがわからない、という問題も結構ありました。教科書は付箋だらけ)

・・・。

試験開始とともに、とにかく、記憶したのを忘れないうちに一気に答案に(マークシートですが)印をだーっとつけていくということで、早く済みましたが、試験前に、ぎりぎりまで粘って、演習問題を見直してよかったと思えるくらい、勉強中覚えにくかった問題がこれでもか、というくらい出題されていました。

今回、理解もほとんどできず、暗記一辺倒だったので、卒業研究では、統計法をぜひ、使って自分でデータを分析したいです。これは使わないと、わかりません。

 

認知心理学は、教科書が分厚くて、読みこなすのに時間がかかりました。

放送授業は、教科書を読み上げるようなものではなく、講師の高野先生のお話しがとても面白く、むしろ、講義を聞くことに集中していたので、教科書はまさに試験勉強中に繰り返し読むことに集中しました。

本当に高野先生の講義は毎回、楽しく、本当に刺激的でした。

今回、私が卒業研究でテーマにしたい分野は、認知心理学の分野となりましたが、特に意識したわけではないのですが、高野先生のお話しに刺激されたのかもしれません。

 

研究法もアカデミックライティングも、ともに、難しくはありましたが、とにかく刺激的でおもしろくて、全てが血肉となった気がします。

放送大学で勉強していて、本当によかったと、(まだ結果はでてませんが)しみじみ思いました。

こんなふうに、自由に自分の学びたいことが学べるうれしさ、時間的な余裕、経済的にも、自分の勉強に費やすだけの余裕があること、これはしみじみありがたいことだと思います。

学ぶこと自体が楽しいなんて、考えたこともありませんでした。

人それぞれ、自分が心から楽しいと思えること、なんでもいいんです。ただそれが、誰かのためとか、お金儲けとか、そういうことから一切離れて、純粋に学びのすばらしさを体感できることは本当に幸せだなーと、試験を終えてしみじみおもいますね。

さて、今度は卒業研究申請と、来期の授業申し込みです。