放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

大学の図書館はいいな

図書館が大好きなんですが、主に県図書館のみに通っていました。

が、このレポートのことで、参考文献が学習センターがある、大学の図書館にその図書があったので、いってきました。

といっても、ここ何回か、本を借りに行っているんですが、あらためて、いい環境だなあと実感。

県図書館みたいに、誰でも入れるというわけではなく、館内利用の申し込みをして、その利用者カードを首からぶらさげるケースにいれて、携帯する必要があります。

そして、利用はウィークデイのみで、日曜日は休みで、土曜日は午前中まで。そりゃあ、そうですよね、学生の利用が中心ですから。私は仕事の休みに使えるので有り難いです。

利用者手続きは案外メンドクサイんですが、卒業研究やろう、と思ったときにすぐに、申し込みました。ここと、もう一つ別の大学の利用者カードもつくりました。

で、大学の図書館、別に蔵書がそんなに多そうにはみえないんですが、やはり、分野ごとの、基礎的な書籍が揃っているんだなと。

いまさらながら、図書館というのは、自分がなにをしたいのかによってちがうところを利用しないといけないなと。

 

この大学の図書館は大きな図書館と、こじんまりとした図書館と二つあります。大きな方は、広々として、全体がわっと眺めることができる。こじんまりとしたほうは、日差しがたっぷりあって、明るいです。

ここまでくるのに、ちょっと交通費がかかるんですが、いっそのこと、定期でも作って仕事の休みのときは通うことも考えてしまうほど、魅力的です。

もちろん、県図書館もその途中なので、ここにも通えるし。

まずは、今回のレポート、今日は全体を見直し、チェックして、整えたいです。

自分の気に入った学習環境を見つけることは、本当に大切だし、そういう環境が身近にあることに感謝です。