放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

いよいよ、卒業へ

1月末の単位認定試験が終わり、もう2月となりました。

その認定試験の間に、卒業予定者の氏名等のお知らせが届きました。

そしてその後、卒業が見込まれるみなさまへ、という通知がとどきました。

放送大学に入学したとき、単位をどのようにとっていけばいいのかずいぶん悩みました。

システムWAKABAから、あるいは試験結果をもらった時点であとどれだけ単位をとればいいのかを確認できますが、最終的にどのような形で通知がくるのか、先が見えないだけにあれこれ、悩んだことをいまは懐かしく思います。

もちろん、まだ単位認定試験の結果が出てないので、再試験が必要なものがあれば卒業はお預けにはなりますが、とりあえず、ここで一区切りがつけそうです。

今回、大学院の選科生として1学期は現代社会心理学特論を受講しました。そして、2学期は公共哲学を受講しました。

教養学部で、まず最初に心理と教育のコースを選んで学んだことは私にとって、とてもよかったと思っています。

心理と教育の問題は、人として、まずは自分自身、そして他者という関係におけるさまざまな課題を考える材料となります。私自身、生きていくための基礎的なことを、自分の心、そしてそこから派生することや、他者との関係について、さまざまな視点から、多くの研究、新しい研究から時代を超えて、受け継がれる研究などを学びました。

もちろん、ざっとではありますが、まずはそのような学問、研究があるんだということを知ることができたことは大きな収穫となりました。

今回の科目は主に臨床(乳幼児、思春期や青年期、中高年など)を学びましたが、おそらく今までの科目のなかでいままでの概念的なものや、学問的なものとはちがう実践を通じた科目であったことから、学びながらとても面白く、何度もテキストを読みこみました。

これらは、しかし、心理学や教育の学びの最初の時点で、さまざまな概念や、研究を知ることから始めたからこそ、実際の臨床の場での学びに深みが増した、理解がより進んだんだと思っています。

最初はとてもわかりにくく、印刷教材に沢山の書き込みをしていました。

そして、ようやく、いま心理学や教育についてぼんやりながら、その体系的なものを学んだんだなという満足感と、次に向かうための学びの萌芽が現れています。

そのきっかけとなったのは、選科として選んだ「公共哲学」です。

心理学の学びをもっと深くすることも考えたのですが、今度は、心理学を学んだことを基礎に、今度は、社会や政治について考えたいと思うようになりました。

特に、今年はアメリカ大統領選挙の年です。

ドナルドトランプが大統領になったとき、私は相当なショックを受けました。

なぜ、アメリカはこの人を大統領に選んだのだろう。

そこから始まってさまざまな社会の制度や、民主主義ってなんだろう、ということを考えるようになりました。

ミルグラム服従実験は、いかに状況の、人に及ぼす影響が大きいかを示しています。

かつての情報が少なく、身近なコミニティのみの情報で生きていける時代ではなくなりました。つまり、状況が及ぼす影響がかつてなく大きくなっているともいえます。

だからこそ、より多面的なものの見方をすることがとても大切ですし、絶えず自分の考えを更新し、疑うこと、複眼的な思考を教えてくれたのも心理学を学んだからこそです。

心理学で学んだことをまずは、しっかりと心に刻みつつ、次のステップに進みたいと思います。