放送大学で心理学を学ぶ

放送大学での新たな学びを通して自分と向き合いたい

今朝の朝ラン

去年の5月から再開したランニング

久しぶりに再開して、結構続いている。

いつも早朝に、決まったコースをイヤホンをつけながら走っているが、今日は、途中で見知らぬおじさんと、短い間だったが、とても楽しく話をしながら走った。

そのおじさんは、かつて、フルマラソンはもちろん、100キロマラソン、海外のマラソンなどに出場経験があったそう。

真っ白な息を吐きつつ、すごいすごいと連発する私。

ホノルルマラソンより、ゴールドコーストのマラソンのほうがいいよって、とってもいい情報をもらった。

そしてなによりうれしかった言葉。

それは、年齢が高くなってから始めたほうが、継続するよ、ということ。

なぜか

それは、若いうちに無理をする(若いから無理ができてしまう) ことで、故障することが多いそう。

 

実際、おじさんも40代からマラソンを始めて、沢山の大会に出場したものの、やはり30年近く走ったことで、足を痛めてしまったそう。

むしろ、70代とか、60代くらいでゆっくり走るかんじで始めたほうが、そのあとずっと続けて走ることができるんだと。

もう、本当にうれしい言葉だった。

 

まずは、2月のハーフマラソンにむけて頑張ります♬